愛する人達と自由でHappyな人生を。

オール込み、1,000万円住宅の最高峰を目指します!

人生の目的って何?そんな問い掛けから「ロコ1000ハウス」は誕生しました。

ろこせんはうす

本体(3LDK)+付帯工事+カーテンレール+居室以外の照明、全て含んだ高品質な住宅を1,000万円で作るために、頑張っています。他社様でも、そこそこの住宅をこの価格で作ることは勿論可能です。しかし私たちは構造は勿論、品質、デザイン、保証等、1クラスも2クラスも上の住宅を建てます。同じ価格なら品質のいい住居を、同じ品質なら価格の安い住居を建てるのが正しい選択です。資金を減らして、その分生活をエンジョイできたら…。家族で旅行に行ったり、趣味を楽しんだり、教育資金も必要だし、貯金もしたい。私たちはそんな思いから、「LOCO 1000 HOUSE」を開発いたしました。

生活応援プロジェクト ロコ1000ハウス

はじめまして社長の飯田です。

ごあいさつ

すべては地域のお客様に、無理のない家賃並みの高性能住宅を。
私はこの業界にたずさわって20年以上が経ちました。これまで数々の新築、リフォーム、土地の売買にわずさわってきました。その数は、数えきれませんが、推定で約2,000件以上になります。
その中で、自分が一番感じたことは家は一生に1回の大きな買い物であるがゆえに、どうしても皆さんが無理をしがちであるということです。
最近の傾向として、私たちもそうですが、こだわった家づくりをし、予算に無理があっても良い家を創ろうと思ってしまいがちです。でも、ふと足元を見たときに、地域の皆様にとって1番重要であるのは、家造りのために無理のない資金計画が1番最初に必要ではないかということです。ですから私たちはお客様にお会いしたときにまず、お金の話をさせていただきます。人生の目的は家づくりではありません。人生は楽しむべきものであり、思い出づくりであります。家族で色々なところへ旅行に行ったり、買い物をしたり、遊びに出かけたり、人生を愛する人たちと自由でHappyに暮らす。それこそが需要なのではないでしょうか?
そこで私が考えたのは、例えば年収300万円の方だと、家にかけられるお金は、最大年収の7倍以下=2,100万円くらいで何とか家を建てられれば、もっと住まいを持つハードルが引き下げられるのではないかと思いました。そこで私はこれを「ロコ1000プロジェクト」と名付け、この1年間全国をまわり様々な勉強会や全国の住宅会社さんやメーカーさん、果ては経営コンサルタントさんにまでお会いして、研究をかさねました。いくら家の値段が安くても、責任を持ってお客様に出せないようなものは作りたくない。それは地域住民にとってのプライドです。
幸い、長くお付き合いさせていただいている仲間達とがんばって「ロコ1000プロジェクト」を立ち上げました。家づくりはいまだに手づくりなので安かろう悪かろうな業者さんを使い、お客様の家づくりをないがしろにはできません。だって、業者さんともお金だけでつながる人生は楽しくありませんし、さびしいですからね。
こんな思いで作った「ロコ1000プロジェクト」です。一生懸命地域のためにがんばりますので、家のことなら新築でもリフォームでも、また、土地のことや何か心配ごとがありましたら、何でもご相談に乗りますので、何でもご連絡してください。

住宅・不動産総合コンサルタント&施工管理技士
代表取締役社長 飯 田 元 康

低価格なのに高品質を実現する「ロコ1000ハウス」。

不動産

不動産もおまかせください。

往来の新築住宅とコンパクトな家との比較。

※下のグラフは35年払い、金利2.5%、元利均等返済で算出

グラフ

往来の考え方に沿って、60坪で900万円の土地に1,800万円の建物を購入した場合と、30坪で450万円の土地に900万円の建物を購入した場合の35年間の支払いの差額をグラフにしてみました。土地・建物の購入価格に住宅ローンの金利が上乗せされることで、総支払額で最終的に約2,000万円もの差がでてくるのです。月々の支払額としては、約47,000円の差となります。
この差額の2,000万円があれば、もう一度新しい家を買い、その時の自分に見合った家に住み替えることができます。そのまま同じ家住み続けても、2,000万円ものお金があれば、余暇を存分に楽しむことができます。あるいは月々47,000円の差額を教育費や趣味や旅行などの娯楽に充てることができれば家計への負担は、随分軽くなります。こう考えると、人生がとても豊かなものになってくるように思えませんか?

グラフ

ページトップへ戻る

ロコ1000ハウスのコンセプト

低価格の理由。

良質でありながら、家賃並みの支払いで建てられるように目標となる価格を設定、」材料の研究と一括購入、徹底的なムダの削除によりコストダウンした価格を実現。

●ロコ1000ハウスは見えないところこそ心くばり。永く安心の暮らしをサポートいたします。
●当社の住宅ローンアドバイザーがお悩みを解決。月々3万円で一戸建てを実現いたします。
●無理をしないでも家は持てる!
●これからの家に無理をしないコンパクトな家。

なぜコンパクトな家がいいの?

これまでの家づくりは「土地も建物も大きな家」「住宅ローンも大きなローン」と可能な限り広げるということが良いことだと信じられてきました。それは「どんな暮らしをしたいか」という自分サイズな家をデザインするのではなく、土地の条件に対して「どれだけ大きくて立派な家が建てられるか」で家づくりが考えられがちでした。
しかし、その結果、大きな家であればあるほど、エアコンや照明などの電気代がかかり、環境面も悪くなりました。又、家の大きさに伴って税金(固定資産税)も高くなります。さらに、外壁や屋根も家が大きくなるにつれて面積が広くなり、メンテナンスコストコストも高くなります。子どもたちが独立して家を出るまでの期間はたったの数年です。その数年のためだけに余計な部屋や必要以上の駐車スペースを確保するべく大きくて広い家を建てるのは本当に正しいのでしょうか。
こう考えると、家をちょうどいいサイズでコンパクトに建てることがとても重要だとお分かりになると思います。これからは家計にムダの許されない厳しい時代になってきます。そんな中で私たちが幸せに生きていくためにも、家にも新しい価値観が必要になってきたのです。

住宅ローンという借金の負担を減らし、豊かに幸せに暮らす。

「せっかく家を持つなら無理しても大きくて立派な家をやっぱり建てたい!」そう思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、必要以上に自分に負担をかける必要はありません。無理をして大きな家を持つことによって、建てた後の5年、10年、30年後のメンテナンスコストや税金や住宅ローンがどうなるのかを自分で考えて納得してから家を建てるべきです。

「コンパクト」は
美しさの世界基準。

私たちが尊敬している建築家でも有り、近代建築の巨匠とも称されている人物であるミース・ファンデルローエはこんな名言を遺しています。

Lessis more(より少ないことが、より豊かなことである)

この言葉は、これからの住宅デザインにも当てはまります。無駄なもの、不要なものを省き、本当に必要なものだけを活かしていく「コンパクトデザイン」が、本物のデザインであると私たちは考えています。
ハウスメーカーが建てる住宅は、必要の無い機能や設備が含まれているケースがほとんどです。また、何も考えずに設計した間取りにこだわった家なども結局自己満足で終わってしまったり、デザインは気に入ったが、すぐに飽きてしまったり、使い勝手が悪くなってストレスになったりしていることが目立ちます。
これとは逆にシンプルなものほど長い期間活用できるという経験を皆さんお持ちだと思います。ムダが無く、シンプルでコンパクトであることは美しいのです。
この考え方をベースとして設計する家こそが、長く愛着を持たれて使い勝手の良い家となるのです。

コンパクトな家
「ロコ1000ハウス」とは?

コンパクトで低価格な家、ロコ1000ハウスはたくさんの夢と、将来へのフレキシブル性が詰まった家です。

ごあんない

 

Copyright (c) LOCO100HOUSE All Rights Reserved.